文亀2年創業。

古くから海外へと開かれ、さまざまな異国の文化がいち早く渡来した長崎県平戸。
そんな平戸の地で文亀2年(1502年)年に創業した蔦屋は、江戸時代より
平戸藩主・松浦家の御用菓子を務めてきた歴史ある御菓子司。
約150年前に松浦家が編纂した『百菓乃図』には、蔦屋の名物であるカスドースとともに
当代・蔦屋善作の名が記され、現在も、藩祖・鎮信公が興した茶道「鎮信流」の茶請け菓子を提供しています。
数百年の時を超えて、蔦屋が正直に守り続ける伝統の味、平戸伝統の銘菓をぜひご賞味ください。

より詳しく
ページ上部へ